NHKおはよう北海道・土曜プラス ぶらりみてある記

更新日:7日前

移住者根づく森の郷~下川町~

9月25日のおはよう北海道・土曜プラス、ぶらりみてある記は下川町。 面積の9割を森林が占め、森の郷として知られるこの町は、全国各地から移住者が集う場所でもあります。地元の人と移住者が分け隔てなく暮らす、下川町の魅力を探りました。

旭川放送局 影島亜美


しもかわの魅力をまるごと味わう宿

下川町に移住してきた人は、様々な分野で活躍しています。

静岡県出身の大石陽介さんです。去年、起業型地域おこし協力隊として、下川に移住しました。現在は、旅行者や移住希望者などへ、下川町の日常を伝えるガイドとして活躍しています。

大石さんには、新しく始めようとしていることがあります。

それが、下川の魅力をたっぷり感じられる宿を開業すること!

壁や屋根には、下川町をはじめとした近隣の地域材トドマツを使ったり、宿の中には地元産の木工品などを置いたり…。“そこにいながら、地域の魅力を感じてもらいたい!”と生き生きと話す大石さんの姿が印象的でした。



https://www.nhk.or.jp/hokkaido/articles/slug-n715be52a3ea6


追記


https://www.nhk.or.jp/hokkaido/articles/slug-n0327c96fc9e7

41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示